委員会の押しかけおそばの蕎麦

伊井区に作らない化け猫は押す

すいとんの調理を甘く見てました

小麦粉が余ってるので、どうにか使おうと思ったのですが、天ぷらはめんどくさいし、お好み焼きって気分でもありません。

どうしようかなと悩んで、すいとんを作ってみることにしました。

小麦粉の固まりが入った汁物のすいとんって、全国共通の名称ですよね?

子供の頃、豚が入ったお吸い物だからすいとんって言うんだよって騙されたことがあります。

ベースの汁部分は、アク抜きしたゴボウと長ネギ、豚肉で。

すいとんのメインは小麦粉の団子なので、具はいつもの汁物より少なめに。

味は小麦団子に十分な味がつくよう、少々濃い目に醤油と塩で味付けします。

概ね汁が出来たら、水を加えて捏ねた小麦粉を団子に。

具材とかにながらこねてたんですけど、普通にこね終わるより汁のほうが出来上がるのが早くって、一旦火を止めることになりました。

すいとん作るなら先に小麦粉こねておいたほうが良かったですかね。

こねた小麦粉は、ちぎって丸めたあとに真ん中を押して楕円形な感じに。

小麦粉を全部団子にし終わったら汁に入れて、煮込んで完成。

しかし食べてみると、団子が固く、味も染みてないです。

団子入れてからの煮込み時間が足りてませんでしたね。

しかし醤油入れてから長いこと煮込むのも、香りとかが悪くなりそうですし、やっぱり汁を作る前に予めこねておいて、最初からお湯に団子入れながら汁を作っていったほうが良かったんでしょうか?

あとは団子をもっと小さく、薄くして、味と火が通りやすくするとか?

でもそれだと食べごたえも落ちちゃいそうな気がするので、良し悪しですかね?

普通に作った汁物に、こねた小麦粉入れるだけの簡単なものだと思ってたんですが、甘く見過ぎでしたかね。

ゴボウをアク抜きのために一度茹でたみたいに、団子の方も予め茹でるべき?

でもそうすると手間増えすぎてめんどくさいんですよね。

いや、美味しい物作りたいなら、手間かお金のどっちかはかかるのは分かるんですけど。

まあ今度作る時には、どうすればいいかしっかり調べて工夫してみようと思います。

小麦粉は使い切ったので、当分作らないと思いますけど。